スマホやタブレットを活用してできることを把握しておきましょう

費用について

タブレット端末の登場とposの費用低下

posはコンビニやファーストフード店等において比較的初期から導入されてきた販売管理システムです。専用のレジスタや端末を利用することによって販売履歴や在庫のリアルタイムでの管理が可能なシステムであり、その情報に基づいて分析を行うことによりビジネスの展開を考える等の応用性も大きな焦点となってきました。 その導入費用が高いことが問題視されていましたが、近年ではipad等のタブレット端末を利用できるposシステムが登場したことにより導入費用と利用料の著しい低下が見られるようになっています。最低価格ではipadさえあれば導入費用も利用料も無料というシステムすら出てきており、機能をそれほど重要視する必要がない場合には極めて安価に利用が可能になっています。

導入費用も利用料も安いシステムへ

posを導入するためには以前は専用の端末とシステムを導入する必要があったため、その導入費用だけでも数十万から数百万という費用がかかるのが一般的でした。しかし、ipadを用いるposシステムの登場により、クラウドとアプリを利用したシステムとなることでその低価格化が進み、ipadの購入費用を考えなければ導入費用で1万円前後、利用料で月あたり数千円というのが相場として広まっていきました。現在ではそのサービスの担い手が多数あるため、サービス内容の違いにより価格も様々になってきています。しかし、いずれの場合においても専用機を利用するよりも格段に導入費用も利用料も安いことに加え、操作に関しても容易であることから既存のシステムから切り替えを行う企業も現れてきています。

↑ PAGE TOP