ラッシュについて | スマホやタブレットを活用してできることを把握しておきましょう

スマホやタブレットを活用してできることを把握しておきましょう

ラッシュについて

データセンターラッシュが始まった

デンターセンターという建物の中には、沢山のサーバーやルーター、レイヤ3スイッチ等のネットワーク機器が365日24時間体制で、維持管理されています。 また、レガシーと言われるメインフレームやミニコンピューターから、VoIPプロトコルを駆使したIP電話等に関する装置まであり、ラックにマウントされる形で収められているのが一般的です。 さて、最近ではクラウド・コンピューティングが徐々に浸透してきており、データセンターの用途も増加して来ており、アウトソーシングする要望も高まりつつあります。 特に要請されているのが、災害対策等に対して十分な対策が行なわれいるかというです。 しかし需要をオーバー気味のデータセンター数は、金額の低価格競争になる傾向にあります。

データセンターはオフコンの時代から存在していました

データセンターは、まだオフコン等のコンピューターが絶頂の時代に作られた経緯があります。 まだこの頃にはセキュリティーという観点よりも大量の消費電力を使用するので、温度や湿度を適正に管理する為に、データセンターが存在したと言えるかも知れません。 そしてダウンサイジングの並が1990年代頃から普及しだして、オペレーティング・システムとしてUNIXが登場してきました。 それと同時に、LAN回線は100Mbpsが標準になりつつあった時代です。 そして2000年代に入るとデーターセンターに、サーバーをハウジングするSI業者等が登場してきました。 現在ではレンタルサーバー1台に複数の仮想環境を作り、その環境上でネット通販等のビジネスをはじめたり、あるいはアフィリエイト等に利用される時代になりました。

↑ PAGE TOP